予防環境協会は、質以内対策品の評価試験を行うとともに、「予防」をテーマとした研究開発により、世の中の室内環境の貢献に取り組んでいます。一般財団法人 予防環境協会

新着情報

人の生活に大きな影響のある「室内空間」の専門研究機関

生活に安心と安全を

生活に安心と安全を

本協会は、一般市民の立場に立って「確実に室内の空気が改善できる方法」を研究するとともに、空気清浄機器等の室内空間における除菌性能を検査する研究施設として新座に「室内空間研究所」を開設いたしました。
この研究所は、受託研究・検査をするだけではなく、室内に浮遊や付着するウイルスや菌を検出する簡易検査キットの研究開発を行っています。

運営事業・研究一覧Service

ウイルス・菌の試験検査

ウイルス・菌の試験検査

6畳間程度(26立方メートル)の室内をシミュレーションした大型クリーンチャンバーで、浮遊菌や浮遊ウイルスによる除去効果の試験が実施できます。室内の浄化対策機器や対策液剤による除去効果試験が行われています。出張による調査も行っております。浮遊インフルエンザウイルスによる除去効果試験も実施。

化学物質の分析検査

化学物質の分析検査

予防環境協会の室内空間研究所では、シックハウス症候群の要因となる汚染物質の測定調査、ホルムアルデヒドは高速液体クロマトグラフ、VOCはガスクロマクトグラフにて分析します。環境技術センターの協力で、出張による調査も行っております。

評価・認定

評価・認定

協会指導の感染予防対策に努力されている病院・介護施設、室内環境対策となる製品の評価を行っています。

調査・研究

調査・研究

研究開発部では、付着しているノロウイルスや空間に浮遊しているウイルスを短時間に検出する検査キットを研究開発中です。室内空間研究所では、研究者の方々への技術協力及び ラボの有料貸し出しを行っておりますので お気軽にお問い合わせください。